マラカスがもし喋ったら

読書メモ、講演メモ中心の自分用記録。

【イベントメモ】神保哲生、宮台真司「年末恒例マル激ライブ」

大井町きゅりあん大ホール 約800人 行列
・日本には社会はないが世間がある→この4-50年の地域の空洞化などにより、世間もなくなってしまった
・民主制を支えるのは感情の豊かさ→民主主義を回すサイズを小さくしろ
・安倍一強といいながら、99%を仕切っていたのは官僚組織
・情報の非対称性。官僚が一番情報を握っている。国民、政治家は情報不足。
国策捜査 西松建設事件 ロッキード事件 児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件 造船疑獄
・戦国時代がとにかく大事 唯一国内で戦争が頻発した時代
モータリゼーションで地域が崩壊したことに対する抵抗が日本では殆どなかった。
・ブランコの立ち乗り禁止 秘密基地ごっこ 焚き火 隣人訴訟問題 安心安全便利快適問題
累進課税 戦争直後9割 → 今2割 戦争があるから国民国家がアクティベート(起動)される
・民主制→テクノロジーによる再分配(パターナリズム) ドラッグとゲーミフィケーション
権威主義=「バカは従え」
・meta ホライズン オキュラスVRゴーグル
・トー横界隈 パパ活 自己肯定感が低い IT社員も同じ 不安神経症
・子ども時代外遊びをしなくなった世代が大人になった
・公園が球技禁止 ひたすらフォートナイト
・meta VS ナイアンティック(ポケモンGoピクミンブルーム) VR VS AR(拡張現実)
・本田翼 APEX? マッチングアプリよりオンラインゲームの方がいい マッチングアプリは属性(外形的なスペック)オンリー
バクーニンルネサンス 国家不要論 中間集団同士の争いをどう制御するか
・劣化した親がさらに劣化した子どもを再生産している 損得勘定 勝ち組/負け組コミュニケーションオンリー そもそも親がそういう動機で付き合っているから。
・仲間を増やしていかなきゃしょうがない。『明日、私は誰かのカノジョ』
・正社員特権、解雇規制をやめるべき
質疑応答
・友人 カテゴリーにこだわらないこと 性別 年齢
・学校は公立主義、公立には地元があるから
・子育て 自分の人格形成に何が良い影響を与えたか それを子どもにやってあげる
・自分のディフェンスラインを下げる 気にしない 怒らない
・やれない理由はいくつもあげられるけど、やるべき理由を保っていくこと
・何かをやりたいと言う人は多いが、何かを実際にやる人は少ない
・善悪=集団にとっての損得 長期スパンで考えての損得 その場の損得だけを考える人は近視眼的
 
◆要約:コロナ。日本人の劣等性問題=東京裁判問題。信念(規範、倫理)がない。空気に流される。無責任の体系。敗戦を経ても根本問題は何も変わらなかったことに対する驚き。民主主義の不可能性。中国=顔認証カメラと評価スコアで徹底した監視社会、強権国家。指導部は超エリート。アメリカ=新反動主義者による海上国家。愚民に対して再配分してもしょうがない。ドラッグとメタバースで現実逃避させる。民主主義がしたいなら、とにかく顔の見えるスモールユニットでやるしかない。一旦クラッシュしてからの自治の復活。
◆感想:盛況でなかなか面白かった。個人的にはトー横界隈の話が一番興味がある。パパ活が蔓延し悲惨な現状だが、パパ活相手の男たちも自分たちと同じように自己肯定感が低いと感じるとのこと。マクロにみると良い展望はとても抱けないが、だからこそミクロに自分が何をするか。重い腰を上げて行動するしかないこと。最後の神保さんのやるべき理由を保つことの話(ヴィクトール・フランクル?)は感じ入った。


f:id:hommasusumu:20211206161514j:plain

【イベントメモ】「だめ連ナイト ~いまのうちか!? 集まろう、語ろう、人生、運動~」

阿佐ヶ谷ロフトA
【出演者】
神長恒一
ペペ長谷川
菅谷圭祐(生活者・生活事業労働者協同組合
住本麻子(ライター)
司会進行:中垣内麻衣子(編集者・ライター)
 
・1992年神長東武デパート退職
・早稲田ノンセクト
太陽肛門スパパーン花咲政之輔、反天連、秋の嵐、見津毅、川崎哲(ICAN
・だめと思われたくない問題
・だめ連機関紙 特集 仕事と人生 プレッシャーとしての性、結婚、家族
・政治運動じゃなくて生活運動
・1998年早稲田あかねオープン
・2001年 レイブ 野外でトランス 武尊祭(ほたかさい)群馬県利根郡片品村の山奥
・一回り下の世代 素人の乱 フリーター労組 雨宮処凛 アナキズム系 反WTO
・2011原発 二人合宿
・菅谷圭祐 リサイクルショップ共同経営 協同労働
・だめという言葉の問題
精神障害の人とも沢山出会った
・資本主義社会でのだめ 資本主義社会のアンチテーゼ
・資本主義のプレッシャー、競争社会のプレッシャーに適応できない人
・自分を責めちゃう人 孤独
・菅谷 本当にヤバい奴が来る
・あかね 出禁問題 セクハラ 盗難
・パラサイト問題 人間なんて結局、地球にパラサイトしている
田中美津
・沈没家族 共同保育
・こころ系 メンタルヘルス メンヘラ系
・障害者介護=自立生活運動
・独身者でも子供と接する機会をもっと増やした方がいい
・自殺しちゃう人もいっぱいいる
・だめプレッシャーからの解放 資本主義社会からの解放
・運動の敷居を下げること
・運動は面白いから
・問題を自分を高めて解決するのではなく、語り合って解決する
・目立たず運動してる人は本当に尊敬する
・菅谷 承認の問題 自分を卑下する、斜に構えるのではなく、ストレートな承認にもっと目を向けるべき
質疑応答コーナ
・運動の目的とは規範の修正、再規範化ではないか
・競争心に代わる関係性
・だめ連は体温のある交流がよかった。人同士が何を考えているかわからない状態は異常
・お酒意外の楽しみ
・それはマンスプレイニングだ、とか、傷ついた、など気持ちを優先させて、論理を蔑ろにしたことに日本の左翼運動が停滞した原因がある
・時代が進み経済状況が悪くなったことで、結果的に資本主義のプレッシャーは幸か不幸か減少したのではないか。それをよしと捉えるか? → 貧困、深刻な困窮は大問題
・アウトノミアやオペライズモとの関係性
・面白さの価値 だめ連の活動は面白かった
・傷ついたもん勝ちの社会は嫌だよね → 当人がそう言うのは尊重されるべき
・読書会
・ぺぺさん 残りの人生遊び歩くしかない。
 
◆要約:だめ連の歴史、概要。菅谷さんの問題提起。卑屈になるのではなくて、もっとストレートに自分の能力を伸ばす、お金を稼ぐ、仲間と働くことで承認を得て自己肯定感を高めることが重要ではないか?住本さん、だめ連の障害者介護や共同保育などメンズリブ的な側面。
◆感想:社会運動、学生運動に興味があり参加したが、なかなか面白かった。神長さんの問題意識は一貫していると思った。資本主義、競争社会のプレッシャー問題。それに潰されてしまう、真面目な人というか心の弱い人に、だめでもいいんだよとプレッシャーを緩和してあげたい。
ペペさんはもっと共産主義というか政治的な方向を指向している感じ。
菅谷さんはあかねの日替わり店長時代、想像を絶するだめな人を沢山見てしまったそう。いい経験にはなったが、これじゃ駄目だとおもったとのこと。
3人とも運動は大変なこともあるけど楽しいということは共通していた。
90年代前半は日本が絶頂だったからこそ、メインストリームに乗れない人には精神的なプレッシャーがきつかったと思う。だからだめ連の活動は時宜を得て価値があった。今は精神的というより、物質的に貧困、困窮が問題になっている。
時代が変われば運動も変わる。諸子百家じゃないけど、多様な運動があればあるほど社会は豊かになると思うので、運動に優劣をつける問題ではないと思った。
 
f:id:hommasusumu:20211207182408j:plain

【ライブメモ】「Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル ライブビューイング」

横浜ブルク13
最初の『イジ抱き』から最高潮。最高のライブだった。
うえむーの余裕。
れいれい、まなかん、るるちゃんの安定感。
ゆめりあいの気迫。
新メン3人も頑張っていた。
最初から最後までかなともが美しかった。
MoLで高木紗友希ちゃんを想って涙。段原瑠々ちゃんも凄いけど、それでも届かない紗友希ちゃんはレベチだったんだなと再認識。
新体制も期待。名曲、良曲を歌い継いでいって欲しい。
f:id:hommasusumu:20211208173330j:plain
写真は前座のBEYOOOOONDS。途中から観たけど『Now Now Ningen』すごく良かった。

セトリ
01. イジワルしないで 抱きしめてよ
02. Future Smile
03. ロマンスの途中
04. DOWN TOWN
05. Va-Va-Voom
06. 好きって言ってよ
07. 素直に甘えて
08. ポツリと
09. プラスティック・ラブ
10. DANCE NUMBER
11. 如雨露
12. プラトニック・プラネット
13. TOKYOグライダー
14. Wonderful World
15. シンクロ。
16. 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
17. 私が言う前に抱きしめなきゃね
18. Fiesta! Fiesta!
19. CHOICE & CHANCE
20. Magic of Love
21. Familia
22. Goal~明日はあっちだよ~
<アンコール>
23. あなたを想う帰り道
24. 続いていくSTORY
25. 未来へ、さあ走り出せ!