授業メモ

京都自由大学 広島

広島は日米韓同盟のネック 小骨 原爆投下の主体性 広島がからめとられ、(政治)利用された。 ↓ 日米同盟の完成 公園の下には骨が埋まっている 爆心地から100m 広島自体が骨だらけ 黒い雨 二次被爆 はだしのゲン モルモット サンプル 貴重なデータ 「原爆供…

京都自由大学「この経済政策が民主主義を救う」

松尾匡先生。 失業率が一番大事 実質 名目GDP 雇用者数 非正規 公共事業 ケインズ 大規模な 教育・医療・介護 コービン >>質問 国債 暴落 消費税0% タイ、インドネシア、韓国 ドゥームズデー 完全雇用→戦争 トリクルダウン

京都自由大学 発話の位置

田仲康博先生 95年沖縄に戻る 9.11 「コンディション・デルタ」が発令 機動隊、警察が警備 沖縄戦を想起 藤本幸久「one shot one kill」 人格を剥奪していく 稲嶺恵一 仲井眞弘多 米軍→自衛隊 オール沖縄→日の丸 civil nationalism 沖縄を生きる 「脱国家」 …

最終回 音楽体験の分析

1.音楽的感動の諸相 1)さまざまな「感動」 スーザン・ボイル ①曲による「感動」 ②歌詞による「感動」 ③記憶による感動 ④ビジュアル(パフォーマンスや映像)による感動 ⑤「物語」による感動 ⑥による感動 ⑦コンテクスト(文脈)による感動 時代 社会情勢 *…

パースペクティブ 最後 バタイユの普遍経済学

復習 作田啓一 ・溶解体験 ・拡大体験 溶解体験:皮膚の境界線が溶ける 相互浸透 連続性の体験 人の境界線が点線になり、相互浸透する図 波 連続性 生命世界 言語を使って分節化している リアルなもの 存在している 山の境目 ゴッホのひまわり 拡大体験:「…

即興演奏と音楽療法

1.日本語のリズム:韻を踏む 2.即興演奏 キース・ジャレットの即興ピアノ 「誰もがそれぞれの人生で即興をしている」 アドリブ 3.音楽療法と即興演奏 音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、音楽を意図的・計画的に使用すること 音楽 医術 宗教 体…

パースペクティブ ジョルジュ・バタイユ 2

1.バタイユの思想 1)理論の特徴:①聖体験の探求・・・エクスターズ(脱自)=自己の外に立つ経験(『内的体験』他) ②存在論「哲学」・・・『エロティシズム』『宗教の理論』 ③エネルギー経済論「普遍経済学」・・・『呪われた部分』『至高性』 2)連続性の…

リズム論

1.リズム論 1)リズムの語源 2)G・W・クーパーとL・B・メイヤーの定義 ①パルス:規則的で等価な刺激の連続 ②ビート(拍) ③タイム(拍子) ④リズム:泊のグループ化 3)考察 リズムは主体と対象とが出会い干渉しあう結果 4)リズム 5)クラーゲスのリズム論…

パースペクティブ ジョルジュ・バタイユ 1

◆バタイユのあゆみ Georges Bataille(1897-1962) ①1897年9月10日 フランス中部オーヴェルニュ地方ビヨンで生まれる ・バタイユの父ジョセフ=アリステッド・バタイユ:公務員。梅毒による失明。 ②1901年(3歳)、一家でランスに移住:父は全身不随。狂気の…

初期日本のロック

①音楽スタイルの輸入の歴史 ②音楽を成り立たせる社会的・文化的コンテクストの差異…脱文脈化 ③英語のリズム…日本語のリズムにのせるための試行錯誤 ④独自の表現文化の形成 1.日本のロックの歴史 ①1950年代後半 最初はジャズの一部として紹介 ジャズ喫茶 エル…

パースペクティブ ラカン 鏡像段階

振り返り 想像的なもの 象徴的なもの 現実的なもの 象徴的なものが弱くなっていく 近代化 ①超越的権威の失墜 「神は死んだ」 ニヒリズム →生の意味づけの困難 cfデュルケーム エゴイズム→個人化 ②大きな物語>の終わり ・富国強兵 ・豊かになろう ・進歩 ③「…

マイケル・ジャクソン2

1.歩み 2.過剰と欠如 1)パーソナリティの特異性ー異人性 2)子どもへの法外な愛情 3)表現の特異性ー卓越性 ①非日常性の表現 スリラーのMV ②歌うように踊り、踊るように歌う ③トランス(超越)への志向 ・音楽ジャンルや民族の壁を越えること←黒人アイデン…

パースペクティブ ニーチェ1

前回の振り返り 聖/俗/遊 超越性、神、聖 ↓ 俗 フラット化 神は死んだ 1.ニーチェ Friedrich Wilhelm Nietzsche(1844-1900) 生涯 1844年10月15日 プロイセン ザクセン州の田舎町 牧師の長男 ボン、ライプツィヒの大学で古典文献学 1969 異例の若さでスイス…

マイケル・ジャクソン1

1.疑惑と真実 1)少年虐待疑惑と裁判 ①最初の性的虐待訴訟 1993-1994 和解 推定21億の和解金→金の力で黙らせたのではという憶測 ②二度目の性的虐待訴訟 2003-2005 14の訴因すべてに対してマイケルの「完全無罪」 →メディアは結果を十分報道せず→疑惑イメージ…

パースペクティブ 遊びの社会学 カイヨワ

前回の振り返り それぞれ重なる部分がある 死者からの純粋贈与 レヴィ=ストロース クリスマス 交換の原理と贈与の原理が結ばれた 資本主義の望み 「社会学辞典」丸善株式会社 1.遊びの社会学 1)ホイジンガ「ホモ・ルーデンス」 ①人間は「ホモ・ルーデンス」…

ヒップホップ

前回 ボブ・マーリー レゲエ ラスタファリ運動 エミネム 8マイル 1.ニューヨークとヒップホップ ブロンクスのスラム化 街を横断する高速道路 地域コミュニティの崩壊 1万2000戸以上の低所得者用公営住宅 貧しいアフリカ系やヒスパニック系の人たち オイルシ…

パースペクティブ 6回目 モースからレヴィ=ストロースへ

参考書 おすすめ 世界思想社 社会学ベーシック 命題コレクション 社会学 1.モース「贈与論」ふりかえり 贈与の「力」物の「力」 クラ ポトラッチ 贈与か戦争か 労働という「贈与」に対する「補償」=社会福祉制度 →M.A.U.S.S. 理論→社会運動 2.ブラウの社会的…

セックス・ピストルズ パンク

1.70年代のロック 1)「ラブ&ピース」の時代の終わり 1970 ジョン「夢は終わった」ジミヘン 70 ジャニス・ジョプリン 70 ジム・モリソン 71 2)ロックの多様化 ハード・ロック、ヘビー・メタル、プログレッシブ・ロック、ジャズ・ロック、グラム・ロック、カ…

パースペクティブ 6回目 マルセル・モース「贈与論」

1.マルセル・モース 1)人生 1872年生まれ デュルケームの甥 サンスクリット インド古典文献学 社会主義への共鳴 一種の協同組合主義 1925年「贈与論」 1939 ナチス占領下 ユダヤ人であることを理由に教授職を追われる→ショック 妻の介護 認知症 以後10年学…

パースペクティブ 5回目 デュルケームの宗教観

ラビの息子から社会学者へ 第三共和制の「ライシテ」:伝統的な宗教に依存しない道徳的秩序の原理を探求(世俗的な価値) ロバートソン・スミスによる「啓示」 社会生活のなかで宗教が果たす重要な役割 オーストラリア先住民:アボリジニ(アボリジナル) ト…

ジョン・レノン

暖かい家庭への飢え プライマル・スクリーム療法 自叙伝を私、過去を遡る 苦しみを表に出すことができるようになった MOTHER フロイト 喪の作業 愛するものを失った時、その対象に注いでいるリビドーを回収する必要がある 時間をかけて現実検討を繰り返す ラ…

ビートルズ2

イギリスでの成功から世界のアイドルへ 自由のシンボル 熱狂の社会的背景 1.アメリカの若者の増加 ベビーブーム 若者の消費文化の形成→若者文化のシンボル 神 王 2.状況 ケネディ大統領暗殺の2ヶ月半後にアメリカへ タイミング 3.女性解放の展開 ビートルマ…

パースペクティブ4回目 ジラール 模倣の欲望

1.模倣の欲望 ルネ・ジラール(1923-) 南仏アヴィニョン パリ→インディアナ→スタンフォード大学 「欲望の現象学」(1961) 「ドストエフスキー」(1963) 「暴力と聖なるもの」(1972) 「世の初めから隠されていること」(1978) 「身代わりの山羊」(1982…

ビートルズ

リヴァプール 港町 アメリカとの貿易 兵役の廃止→若者が街に溢れる 労働者階級 アイルランド スコットランド ケルト系 離婚・離別・戦争→貧困と喪失感の中の少年時代→音楽への情熱 イギリスの「アートスクール」 下積み時代 ハンブルク巡業 港町 ブライアン…

パースペクティブ 3回目 アノミー

無縁社会 2010年 「話し相手がいないのはこんなに辛いのかとわかりました」 非正規労働 単身化 生涯未婚 1. 近代 個人主義化→エゴイズム的自殺 意味の病 コミュニティ 学校 会社 家族 中間集団の再建 アノミー 欲求の肥大化/欲望の無限化 社会の産業化は、伝…

エルヴィス・プレスリー

ロックン・ロール:黒人のリズム&ブルースと白人のカントリー&ウエスタンの融合 ミシシッピ州テュペロ バイブル・ベルト →テネシー州メンフィス ゴスペル 18歳デビュー 1956年21歳ハートブレイクホテルでブレイク 1956年ミルトン・バール・ショー6月5日 ハウ…

パースペクティブ 二回目

デュルケーム 「自殺論」(1897) 「宗教生活の基本形態」(1912) 第三共和政とデュルケームのあゆみ 第三共和制(1870-1940) 共和派↔王政派 カトリズム ライシテ(世俗化) 公教育 無償・義務・世俗性 社会学によるフランス社会の道徳的再建 モラル 心の…

思想のパースペクティブ

岡崎先生 1. パースペクティブ 視座 遠近法 モノの見方が見え方を規定している 1)F・ニーチェ「パースペクティブ主義」 「現象に立ちどまって、「あるのはただ事実のみ」と主張する実証主義に反対して、私は言うであろう。否、まさしく事実なるものはなく、…

フラットカルチャー 5日目

ブラタモリ 専門家 古地図 モヤさま トマソン的 コントロールが効かない場所が場所性を帯びる無印空間・フラットカルチャー 報告会 1.スターバックス 環境管理的に優れている コンセント wifi ノマド 脱力リッチな空間 そこそこの高級感 手の届くぜいたく 画…

フラットカルチャー 4日目

(10)クチコミとランキング 人気投票化する社会 書店 1日あたり220点の新刊 POSシステム 流行を押さえたい 客観性 無難 (11)日本の海外旅行 「地球の歩き方」から「るるぶ」へ 小田実「何でも見てやろう」 方法としての節約旅行 地球の歩き方 ↓ HIS(秀イ…