マラカスがもし喋ったら

読書メモ、講演メモ中心の自分用記録。

【赤と黒の連続講座】section1「赤と黒のあいだのanti資本主義」平井玄 × 酒井隆史

渋谷勤労福祉会館
ウィリアム・モリスユートピアだより』 100年後の日本
屋台 重慶大厦(チョンキンマンション)
もう一回悲惨なことなしに、展望は見えないだろう
フレドリック・ジェイムスン「資本主義の終わりより、世界の終わりを想像する方がたやすい」
次の体制が想像できない
ローザ・ルクセンブルグ死後100年 いまこそアクチュアル つまり資本主義の破局
社会主義か野蛮か
第二インター 修正主義論争 カウツキー(民主主義による社会主義の実現を主張)
破局論=待機主義 のジレンマ
資本主義は常に外部を必要とする → 外部が無くなったとき
ヴォルフガング・シュトレーク『資本主義はどう終わるのか』 フランクフルターの系譜 村澤真保呂 信友建志
マルクス G(貨幣)W(商品、労働力) → G’
ウォーラーステイン G → G’ 金融資本主義 貨幣のための貨幣
グレタさん 肉食べない 飛行機乗らない リベレーション(啓示)ラディカリズム
文明そのものの再考
「人新世」→「資本新世」
国連「2030年までに年間5000万人の環境移民が生まれる」
カトリーナ ディザスター・キャピタリズム → ジェントリフィケーション
千葉でも 冷淡 放置 『エリジウム
気候変動と階級
労働の不要化 → 人間の不要
イスラエルによるガザへの絶滅的な攻撃 労働者も要らない
左翼 エキストリーム(過激)化 / ラディカリズム(物事をその根本から見直し、変革を目指す態度や行動の下意識主義)
日常の振る舞い、他者との接し方
 
質疑応答
ドイツもレイシズムはひどい
NY クラブの音楽で路上でも踊る
警察の情報をハッキングする女子高生
ある種の日常のラディカリズム 生成能力 秩序の組み換え = 鶴見俊輔「反射の次元」
オキュパイ以降 3つくらいの支流 様々な場所で会合 留学生など集まる 日本人だけ来ない
人間の生成能力を取り戻せ
渋谷のIT企業群と野宿者運動
デモと公安条例
68年 新宿騒乱 反射神経 身体と心をほぐす
江戸 米の物納システム 一極集中
権威主義リベラリズム
世界がナショナリズムに分断されないこと → 戦争を避ける
ナショナリズムインターナショナリズム、コスモポリタニズム
生きづらさ → いつの世も生きづらい
コミュニズムの良さ、素敵さをアピールする
革命が成ったら、どう生きるか、どういう労働になるか、今からでも想像しておく、一部実現できる
対米従属論の危うさ → ナショナリズムへ転化の危険
網野善彦
香港、中国と日本の地理的関係