マラカスがもし喋ったら

読書メモ、講演メモ中心の自分用記録。

【読書メモ】佐野亨『ディープヨコハマをあるく』(辰巳出版 2022年)

目次

はじめに――ディープヨコハマに分け入る

◆第1章 桜木町・野毛をあるく

場末の自由が息づくまち

・野毛=闇市
平岡正明「ハマ野毛」

カストリ横丁幻視行

・カストリ=密造焼酎
・カストリ横丁、くじら横丁→桜木町デパート、ぴおシティに吸収される

萬里秘宝十九番

・特製中国ランチ

野毛にジャズ喫茶あり

・ちぐさ、ダウンビート

「平民芸術」のまち

大衆演劇 1949年『悲しき口笛美空ひばり 横浜国際劇場

大岡川スラム

・一大貧民窟 『天国と地獄』 ヒロポン→ヘロイン 密売トーチカ 麻薬銀座
・ちょんの間 青線 1970年後半から中国・台湾・タイ人 2004年「バイバイ作戦」

◆第2章 野毛山・戸部をあるく

紅葉坂

高島嘉右衛門 横浜瓦斯会社 工場跡 
有島武郎或る女』 初代横浜駅桜木町駅
・青少年センター、図書館、音楽堂=開港期の神奈川奉行所
・飯岡幸吉<ここの通りを鯨横丁と人呼びて雨にぬれ立つ労働者の群><道行けば鯨肉いたむる匂ひして人は屋台に十円置きて食う>

岩亀横丁〜保土ケ谷道〜藤棚

野毛山の神さん

伊勢山皇大神宮成田山横浜別院(延命院)

野毛の文学者たち

・老松小学校 獅子文六尾崎士郎今東光平野威馬雄平野レミの父、平野悠の叔父)

野毛山の歴史遺産

・子神社と東福寺

◆第3章 関外をあるく

関外の淵――吉田町

・吉田橋関門跡

ソープランド街とコリアタウン――福富町

・キャバレーのメッカ

興行のまち――伊勢佐木町

・芝居小屋と映画館

伊勢佐木書店今昔

牛鍋を喰う

「共通の根」をもつこと――寿町

・中田志郎『はだかのデラシネ』(1983年)デラシネ=根なし草 地主は朝鮮系

中村町の記憶

黒澤明どですかでん
森川信 吉川英治
中村川、掘割川 関東大震災朝鮮人虐殺の歴史

三吉橋・浦舟町

早矢仕有的 市大病院の前身

永真遊郭と曙町

篠田正浩『乾いた花』(1964)山崎洋子『花園の迷宮』
田中英光『曙町』私娼窟

◆第4章 関内をあるく

ガス灯と西洋料理――馬車道

遊郭、魚市場から野球場へ――横浜公園

貿易の中心地――弁天通り〜本町通り

港の歴史とともに――海岸通り〜日本大通り

震災の瓦礫の上に――山下公園

・ホテル・ニューグランド 大佛次郎
マリンタワー 降旗康男『冬の華』(1978) 中平康砂の上の植物群』(1964)
・ホットドッグコーナー「ワトソン」小金丸峰夫 ナポレオン党 クレオパトラ党 キャシー中島 山口小夜子 浅野順子

◆第5章 中華街・元町・山手をあるく

ひし形のラビリンス

横浜における中国人コミュニティの歴史

観光地としての中華街

日清戦争時の悪感情→大幅な職業制限 理髪、洋裁、調理の三把刀 

「落葉帰根」から「落地生根」へ

中華街の裏通り

葉山嘉樹『淫売婦』
・第二次大戦後 外国船員向けの「外人バー」 片桐摩湖(水原リサ)

中村川が隔てるもの

天地真理主演『虹をわたって』(1972) 北林透馬『街の國際娘』

元町の坂

・東洋フィルム会社→大正活映 文芸部顧問谷崎潤一郎
ダンスホール クリフサイド 『上海帰りのリル』(1952)

海を眺める母子

・愛の母子像 1977年横浜米軍機墜落事件 土志田和枝さん

外国人墓地に眠るひとびと

ゲーテ座 陽気さ・快活さ 詩人のゲーテとは関係ない 新劇の外人劇 大佛次郎坪内逍遥、北村透谷、芥川龍之介滝廉太郎らがみる

◆第6章 本牧・根岸・磯子をあるく

トンネル抜ければ……

・P106まで

墓地が語る歴史

本牧の不良文化が生み出した音楽

本牧十二天とチャブ屋

バブル期の再開発とその後

三渓園本牧埠頭

根岸の丘の上

堀割川疎開道路

屏風浦〜岡村

失われた梅林と劇場

◆第7章 鎌倉街道・金沢をあるく

日本橋花街

朝鮮人虐殺の犠牲者を弔う

蒔田・井土ケ谷周辺

弘明寺――横浜最古の寺のまち

大久保花街と戦没者慰霊堂

刑務所のある風景

能見台――軍需工場のまちからファミリータウンへ

富岡の戦跡

シーサイド周遊

金沢八景の今昔

◆第8章 横浜駅・みなとみらいをあるく

横浜西口の盛り場

石油と砂利のあとに

平沼周辺

鶴屋橋周辺

東口地下街と出島地区

万里橋〜高島町

みなとみらいの「過去」

永遠に未完成のまち

新港地区

◆第9章 神奈川をあるく

港湾労働者の海とマンハッタン

ポートサイド地区

変わりゆく市場の風景

コットンハーバーと浅野ドック

行きどまりのバー

高島山

消えた反町の「遊び場」

三ツ沢の慰霊塔

子安・大口――まちにのこる戦時の面影

浦島太郎伝説

子安浜

◆第10章 鶴見をあるく

獅子ケ谷〜三ツ池公園

豊岡・佃野周辺

鶴見三業地

鶴見騒擾事件朝鮮人虐殺への抵抗

沖縄人コミュニティと青線地帯

米軍の貯油施設

国道駅〜生麦

◆第11章 港北をあるく

日吉にみる「横浜vs川崎」の歴史

大倉山〜菊名

岸根公園と戦争の記憶

横浜駅

◆第12章 保土ケ谷・戸塚をあるく

あの頃、保土ケ谷の丘の上で

原節子が無名の少女だった頃

金沢道から久保山へ

保土ケ谷宿

東戸塚駅周辺

戸塚宿

舞岡〜本郷台

夢の跡

◆巻末特別インタビュー 小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)――「混ざりたくなるまち、それがヨコハマだ。」

おわりに