マラカスがもし喋ったら

読書メモ、講演メモ中心の自分用記録。

【街歩き】滝頭 岡村 三殿台遺跡 弘明寺 中村橋商店街

【読書メモ】白井聡『武器としての「資本論」』(東洋経済新報社 2020年)

武器としての「資本論」作者:聡, 白井発売日: 2020/04/10メディア: 単行本 はじめに 生き延びるための「武器」としての『資本論』 第1講 本書はどのような「資本論」入門なのか 『資本論』入門――どのような視角から読むのか なぜ今、マルクスなのか 使用す…

【街歩き】南太田 清水ヶ丘公園 大原隧道 南太田四丁目公園 井土ヶ谷 中村橋商店街

【読書メモ】菊地浩之『最新版 日本の15大財閥』(角川新書)

最新版 日本の15大財閥 (角川新書)作者:菊地 浩之発売日: 2019/03/09メディア: 新書・財閥のキーワードは「家族」 ・第一次大戦特需→反動恐慌→昭和金融恐慌→振るいにかけられ六大銀行→六大財閥 ・三井財閥総帥団琢磨暗殺→批判をかわすため「財閥転向」。株式…

【読書メモ】鎌田慧『ルポルタージュ 幸せの報酬』すずさわ書店

ルポルタージュ 幸せの報酬作者:鎌田 慧メディア: ハードカバー1990年発行 笹川良一の真相 商才 逆転 血族 頂点 世襲 勲章 堤義明の挫折 炭都夕張100年の夢 「尊王攘夷」の志士たち あふれる紙々の公害 交通安全協会の奇怪 驕れる大国は久しからず――アジア系…

【街歩き】国会前 赤坂見附 紀尾井町 麹町 市ヶ谷

・ドイツは脱原発を実現した ・原子力は高く付く。再生可能エネルギーの方が安い ・発送電分離しないと、送電を握っている権力が強すぎる ・送電国有化 ・東電はすでに実質国有化されている ・この前の地震でまた、水位と気圧が下がった。→また穴が空いたと…

【映画メモ】土井敏邦監督『福島は語る 完全版』(2018)

日比谷図書文化館 5時間20分 第一章 避難 ・片岡輝美 ・草野美和 ・岡部理恵子 ・星ひかり ・松本徳子 第二章 仮設住宅 ・藤島昌治 ・佐藤章一 ・山田隆信 第三章 悲憤 ・小林恒司 ・佐久間いく子 ・渡辺洋子 第四章 農業 ・野口時子 ・中村和夫 ・地脇美和 …

【読書メモ】『思想としての〈新型コロナウイルス禍〉』(河出書房新社)

思想としての〈新型コロナウイルス禍〉発売日: 2020/05/23メディア: 単行本目次 大澤真幸 不可能なことだけが危機をこえる 連帯・人新世・倫理・神的暴力 仲野徹 オオカミが来た! 正しく怖がることはできるのか 長沼毅 コロナウイルスで変わる世界 宮沢孝幸…

【読書メモ】栗原康『はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言 』(タバブックス)

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言作者:栗原康発売日: 2015/04/21メディア: 単行本(ソフトカバー)目次 キリギリスとアリ ―はたらくこと馬車馬のごとく、あそぶこと山猿のごとし 切りとれ、この祈る耳を ―耳切り一団 3・11に…

【読書メモ】瀬戸内寂聴『諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(下)』 (岩波現代文庫) 巻末栗原康との対談

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(下) (岩波現代文庫)作者:瀬戸内 寂聴発売日: 2017/02/17メディア: 文庫瀬戸内 魔子 ルイズに会ってる 一遍「捨ててこそ」 生き方を変えていくことが革命だとしたら恋自体が革命 管野須賀子 金子文子 2016/11/16 寂庵にて

【講演メモ】「図書館で哲学を withコロナ時代の哲学『人権と公共の福祉 その両立を考える』」講師:山脇直司

神奈川県立図書館主催 ZOOM開催 人権 と 公共の福祉 の関係 人権 自由権(国家からの自由)/社会権(国家による自由) 原則自由権が優先 公共の福祉=WHO社会的健康=身体面+精神面+社会面が満たされた状態 >>時短協力金 日本は一律 欧州は従業員の数で計…

【読書メモ】佐々木実『竹中平蔵 市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』 (講談社文庫)

竹中平蔵 市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像 (講談社文庫)作者:佐々木 実発売日: 2020/09/15メディア: 文庫目次 はじめに 「改革」のメンター 1章 和歌山から東京へ 競争心 理想の社会と現実のはざまで 東京の家族 2章 不意の転機 銀行員から経済…

M meets M 槇文彦展

BankART Temporary 槇文彦 父方槇武、母方竹中工務店会長竹中藤右衛門の孫 慶應→東大工学部 丹下健三研究室→クランブルック美術学院およびハーバード大学デザイン大学院修士課程修了 ハーバード大学院時代はホセ・ルイ・セルトのスタジオで学ぶ。1954年に、…

横須賀中央 緒明山公園 横須賀市立中央図書館 若松マーケット

横須賀市立中央図書館はアットホームでとてもいい図書館だった。

『Juice=Juice コンサート2020~続いていくSTORY~宮本佳林卒業スペシャル』ライブ・ビューイング

T・ジョイ横浜。 全てにおいてクオリティが高く感動した。 昨日のアンジュルムと対照的にほとんど涙はなく、前向きで力強い卒業だった。 とにかく2公演とも無事開催できて本当によかった。

アンジュルムコンサート2020 ~起承転結~船木結卒業スペシャル

感動しました。 一刻も早くコロナが収束して、観客が声援を送ることができる元のライブに戻れることを願っています。

橋爪大三郎 x 大澤真幸『アメリカ』(河出新書)

アメリカ(河出新書)作者:橋爪大三郎,大澤真幸発売日: 2018/11/21メディア: 新書目次 まえがき Ⅰ アメリカとはそもそもどんな国か 1.キリスト教から考える 2.ピルグリム・ファーザーズの神話 3.教会と政府の関係はどうなっているか 4.教会にもいろいろあ…

花岡幸子『経済用語図鑑』(WAVE出版)

経済用語図鑑作者:花岡 幸子発売日: 2016/11/21メディア: 単行本(ソフトカバー)目次 第1章 経済学って何だろう?(経済学 希少性 ほか) 第2章 ミクロ経済学(需要と供給 需要 ほか) 第3章 マクロ経済学(GDP(国内総生産)GNP(国民総生産) ほ…

『柄谷行人/浅田彰 全対話』 (講談社文芸文庫)

柄谷行人浅田彰全対話 (講談社文芸文庫)作者:柄谷 行人,浅田 彰発売日: 2019/10/10メディア: 文庫目次 オリエンタリズムとアジア 85年10月GS 昭和の終焉に 89年2月文學界 冷戦の終焉に 90年3月週刊ポスト 「ホンネ」の共同体を超えて 93年6月SAPIO 歴史の終…

東北旅行⑥ 新宿御苑

東北旅行⑤ 石巻 → 仙台

東北旅行④ 気仙沼 → 石巻

東北旅行③ 平泉

東北旅行② 松島 → 一ノ関

東北旅行① 仙台

中田安彦『世界を動かす人脈』(講談社現代新書)

世界を動かす人脈 (講談社現代新書)作者:中田 安彦発売日: 2008/02/19メディア: 新書目次 序章 誰が本当に世界を動かしているのか 第1章 欧州の中心部で今、起きていること ファッション界の二大巨頭、ピノーとアルノーから、国境を越えて広がるネットワーク…

浅草 かっぱ橋台東区立中央図書館 金竜 竜泉 正庭通り 明治通り 町屋 熊野前 西尾久 あらかわ遊園

清澄庭園 深川江戸資料館 東京都現代美術館(休館) 森下文化センター(田河水泡・のらくろ館) すみだ北斎美術館 江戸東京博物館 錦糸町 浅草橋

清澄通り 勝どき 月島 相生橋 越中島 門前仲町 清澄白河 森下

馬喰町 両国 森下 芭蕉記念館 人形町 茅場町 八丁堀 松本治一郎記念会館 銀座 パナソニック汐留美術館